« すぐれ部品 | トップページ | ひと工夫 »

誰がなんと言おうと・・・

 ウッドフレームはエコなのである!

 考えてみて欲しいのだが、

金属もプラも、メガネの原材料は石油を燃焼し
CO2を排出することにより作られているのだ。

 それに引き換え、
ウッドはそれを排出しないだけでなく、
吸収する事で成長しているという事を。

 政府はCO2排出量25%削減目標を掲げているが、
その実現はかなり厳しい状態である。

エコカー減税、電化製品のエコポイント制度等が
どの程度効果を発揮しているのか疑問である。

 そこで提案である

”エコメガネ制度” を作りウッド製メガネの購入には
   助成金を支給するのである!

 徐々にウッドフレームが普及し、
やがて殆んどが国産のウッドフレームとなった時に
必ずや、25%削減目標は達成できるでしょう!

 

 ウッドフレームを掛けるという事は、

 地球温暖化防止に寄与する行為なのである!

 くどいようだが、
誰がなんといおうとウッドフレームはエコなんです。

|

« すぐれ部品 | トップページ | ひと工夫 »

ウッドフレーム」カテゴリの記事

コメント

木を切ってるじゃないか!と、言われそうなので、私は端材を意識して使っています。家具などに比べるとわずかなんでしょうけど、ワシントン条約に触れる物も名前を変えて流通しているので、保護の観点からはためらう材料もありますね。
製作段階では間違いなくエコですね(^人^)

投稿: のらいぬ | 2010年10月 7日 (木) 16時44分

>のらいぬさん
木を消費することは、植林を促進することにつながります。
それとワシントン条約で伐採が禁止されている材でも、
間伐材のみが流通しているものもあるので
きちんとしたところで買えば問題はありません。

投稿: 樹 | 2010年10月 7日 (木) 17時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510858/37116589

この記事へのトラックバック一覧です: 誰がなんと言おうと・・・:

« すぐれ部品 | トップページ | ひと工夫 »