« 台湾から? | トップページ | すわ!事件? »

やはり赤かった”紅木”

 
 表面が黒っぽかった”紅木”
 一皮剥いてみるとやっぱり赤いんです!
その名に偽り無しという所です。
093
柘植材との相性も抜群!
独特の赤・・・深みのある赤です。


095

写真下はリグナムバイタと柘植

|

« 台湾から? | トップページ | すわ!事件? »

ウッドフレーム」カテゴリの記事

コメント

うわぁぁぁ・・朝から惚れたっ(笑)

リグナムバイタも良い質感になりますね♪
紅木は削った時の薫りはするでしょうか?
やっぱり堅そうですね・・

投稿: くろねこめがね。 | 2010年8月26日 (木) 08時35分

>くろねこめがねさん
香りはわずかですね
質感はやはり”ハカランダ”に近い感じ、
硬くて緻密
さすがは三味線になりかけた材料!

投稿: 樹 | 2010年8月26日 (木) 11時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510858/36364271

この記事へのトラックバック一覧です: やはり赤かった”紅木”:

« 台湾から? | トップページ | すわ!事件? »