« ウッド製ボールペン製作者・・・・ | トップページ | 三度目の正直? »

やはり黒柿!

  先々週に、北海道旭川・アイウェアショップ北斗様で、

  そして今週、青森八戸・メガネアート八戸様で

  偶然にも同じデザインで

    尚且つ”黒柿”の物をお買い上げいただけました。

 イロイロな木種のものを手がけていますが、

やはり黒柿の持つ高級感は多くの人に魅力を感じてもらえるんだと

      再認識していますup

  club  柿の木の中でごく稀に、

 伐ってみると中に黒い筋がはいっているものがありそれが黒柿と呼ばれます。

 原因は定かではなく、地中のバクテリアだという説も・・・

    希少価値の高い黒柿の中でも特に、

   孔雀が羽を広げたときの模様を呈する物があり、

       ”孔雀杢”と呼ばれていますxmas

   実は今この孔雀杢の物が私の手元にあります

 残念ながら黒柿にはシラタの部分がほうけていたり、

  割れが多く出ている物が多く完全な状態の物が少ないのです。

 私の持っている物も、孔雀杢は素晴らしいのですがシラタに難が・・・・

  でも・・・・駄目もとで挑戦してみようと考えています!punch

|

« ウッド製ボールペン製作者・・・・ | トップページ | 三度目の正直? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

シラタは家具作る時でも困りものです。
着色しちゃえば良いんですけど、ナチュラル仕上げの時に困りますね。

投稿: dan-nya | 2009年5月15日 (金) 09時47分

>dan-nyaさん
そうなんです!
今回の物は、ほうけてはいないのですが
小さな割れが所々にあります、
最終的に削り終えてみないと中の割れは見えませんから、
非常に悩んでいます。

投稿: 樹 | 2009年5月15日 (金) 11時04分

黒柿はシラタの質の良いのを買うといいですよ。
厳密にはシラタではないんですがね(笑)

孔雀が出るようなものほど質的には厳しいものが多い傾向にありますので質が良くて孔雀杢の物を見つけると嬉しいものですね。
個人的には杢をめでるなら着色はしない方がいいと思います。

ほうける?ふけるの間違いかな?


我が家の水槽?には結構良い孔雀がたくさんありますよ♪
使い道もないのに買ってしまうのは杢フェチの性でしょうか(笑)

投稿: 黒柿 | 2009年5月15日 (金) 18時46分

>黒柿さん
ほうける→ふけるの間違いです。
シラタではないですね、黒くない所と言うべきですね。

基本的にウッドフレームは着色はしていません、
全てオイルフィニッシュです。

今回の孔雀杢の凄いのは、
楕円形の杢が黒では無く、緑色になっているんです。
白い部分に割れが無ければ、凄い物ができるのに・・・
残念です!

杢フェチの黒柿さんのコレクション
是非一度見てみたいです。

投稿: 樹 | 2009年5月16日 (土) 07時36分

孔雀杢の多くは緑出ますよ。

ただ、塗装をするとほとんど見えなくなりますので気を付けてください。

投稿: 黒柿 | 2009年5月16日 (土) 10時25分

>黒柿さん
有難うございます。
現在加工中ですが、うまく割れを逃れて出来そうです。
仕上がったらまた見てください。

投稿: 樹 | 2009年5月16日 (土) 14時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510858/29619541

この記事へのトラックバック一覧です: やはり黒柿!:

« ウッド製ボールペン製作者・・・・ | トップページ | 三度目の正直? »