« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

訂正です・・・そして第1号!

 昨日の記事を読んで、訂正の連絡がありました。

ツーピンタイプのレンズ止めに関する特許権、

  日本国内のみの取得だという事です。

従って、海外における製造、販売に関してはフリーです。

 もし勘違いされた方がおられましたら、

 訂正してお詫びいたします。

 #      #

  先日あるメーカーから、

今年のIOFT用のサンプル依頼がありました。

 私の手元に来たのは今期第1号です。

10月ですから、この時期にサンプル作りが来るのは

以前から比べると早いように感じます。

昔は会場に持ち込むぐらいギリギリな納期の物が多かったので、

それだけ売る側も難しい局面にいるのかも?

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

世界一売れているメガネ!

  全世界で300万本以上を売り上げている

 ”シルエット”のツーポイントフレーム

 蝶番を使用せず、細いバネ材を使った超軽量フレームです

 そのツーピンタイプ、レンズ止め用の冶具が・・・・013 014

 何故だか手元にあります?????

 シルエットタイプとウッドのコラボ・・・・・・・それもいいかも

       #

全然知らなかった話ですが、

このツーピンタイプのレンズ止め、

実は特許権を持っているのは福井市にあるメーカー

シルエット社は許諾無しに製造を続けているそうです・・・

 ビックリ!!!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通勤路の風景

001 003 006

 6月7日・天皇陛下をお迎えし

全国植樹会が、朝倉氏遺跡をメイン会場に開催されます。

そのサブ会場の1つが通勤途中にある足羽川大堰で、

いよいよ工事も終わりその姿を現しました。

   水車小屋を中心にした自然公園!

       癒される風景です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

送りつけられたFAX・・・

009

   近くの大型薬局でも品切れ状態です

 今朝のニュースでも、

関西では高値で路上販売がされて問題になっているとか・・・・

ドサクサにまぎれて金儲けしようという、さもしい考えに腹が立ちます。

仕事柄、マスクは必需品ですが、

   そんな業者からは意地でも買わんぞ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天然素材・・・

   約束どおり、バッファロー狩りをしてきました! アフリカで(笑)

  今回手に入れた生地はこれです

007 005

やはり天然素材・・・樹脂なんかには無い独特の味があります。

 これで前枠を作れば面白い物が出来そうです。

 でもバッファローホーンて、水牛の角・・・・

 鹿の角は?

マンモスの牙・象の牙、猛獣の爪は?

  亀の甲羅が鼈甲(べっこう)?

 いったいどう違うんだろう?coldsweats02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

デザイン募集!

 好評を頂いているオリジナルブランド ”凛”

 樹の二十五・・・・ 紳士用025

 026

ヴァイオレットウッド

 

樹の二十六・・・・ 婦人用

027 028  

 サティーネ

  

ですが、

   第2弾、同じくメンズ、ユニセックスで各1型、

  8月ごろ発表したいと考えています!!

 (8月で開業2週年になります。)

 そこで6月末まで、デザインを公募します。

 ラフなデザイン案でも結構ですから、

 こんなウッドフレームが・・・・という案のある方はご応募を!  flair

        採用デザインの方には、

  そのウッドフレームを一本!

   お好きな材質で進呈致します  punch

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福井と広島

Photo

広島県在住のマイミクさんから送られたきた写真です・・・・・

大阪・長堀クリスタ上にある小売店さんの陳列棚ですね

バックのウッドフレームと名刺入れは tatsuki

中央の”木太郎”はこれも広島県在住の takumi氏作(黒柿です)

  福井・広島 遠い二つの地から・・・・・

   大阪で出遭った   奇跡のコラボ写真です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まだまだ・・・

 今週は、珍しく来客ラッシュというか・・・

かなり忙しく、人に会い話す機会が多いのですが

やはり、新たな知識・情報・展望・そして気づきがあります。

ウッドフレームに関してもすでに

異素材との接合、メタルとのコンビなど

自分が思っているより多様な展開が実際に行われており

中には素晴らしい物も見せてもらいました。

  やはり 「これでいい」  ということは無く

  絶えず進化を続けることが

 仕事を継続していく上では”責務”なんでしょうね。

   まだまだ・・・・・・・

 今日はバッファローという素材を探しに行く予定です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

とても残念な事実?

  素晴らしい孔雀杢を持った黒柿・・・・

 白い部分に点々と割れが見えるため、

使えるかどうかは削りだしてみないと判らない状態でしたが、

 結果、綱渡りでぎりぎりセーフ!メガネにはなったのですが、

   削っているときに残念な事実に気づきました。

   素晴らしい孔雀杢が・・・・・

 レンズの入る部分を削ってゆくと・・・・・・・無くなってしまう!!!

 残された枠の部分3ミリぐらいの太さでは、孔雀杢の残骸・・・

 そう、お盆や皿などの大きな面を持った物でなければ

    せっかくの素晴らしい杢も表現できないのですdown

     eyeglass  何たることか!

 このショックから立ち直ったら・・・・

  チョット時間がかかりそうですが、 写真をUPしてみます。

 原木の杢と・・・・出来上がったフレーム

   そのギャップが大きすぎる・・・・・・

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鯖江駅前の・・・

 北海道・旭川よりアイウェアショップ北斗さんの大川さんが来てくれました。

 約一年ぶりの再会、

 朝7時半のお迎え、駅前のホテルαー1です。

朝食は時間的に早すぎるからまだだろうと思ってロビーに行くと、

    なんと!

 ”6時半から朝食バイキング”の文字・・・・早ヤッ!!!

  もうしっかり身支度も整えて降りて来てくださいました。

 お土産に 「白い恋人」 頂き、

 ウッドフレームに対するご意見・今後の展開等・・・・

  貴重な時間を有難うございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪では・・・

 大阪のある小売チェーン店のスタッフさんから電話があり、

来月、若いスタッフ5人位を工房見学させて欲しいという連絡でした。

もちろん大歓迎ですよ、1人でも多くの人に見て触れてもらう事で、

ウッドフレームの認知度を上げることが出来るのですから・・・・

ただ、小さな工房に五人はかえって心苦しいのですが。

   eyeglass     eyeglass

 「それより大阪の方、新型インフルエンザで大変なのでは?」と聞くと

「今電車に乗ってたんですけど、みんなマスクしてますわ」との事

 もう対岸の火事では済みませんね、確実に全国に広まるでしょう。

 皆さんお互いに気をつけましょうね、!

今朝のニュースで、喘息などの持病を持つ人が感染すると、

合併症を併発して危険な状態になる可能性があるといってましたから。

   エッ!喘息・・・・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あるメール・・・

   出社してみると一本のメールが・・・

 あるブランド(ヨーロッパ某国の王女名?こんなブランドが許されるんだろうか?)

  が出している、ウッドフレームサングラスの案内です・・・

 確かに写真を見るとウッドらしき眼鏡が、

 ヨロイ部分だけはメタルでねじ止め、蝶番は普通の物

     フルリムタイプですが、

サングラスですからレンズ入れの事は心配しなくて良いみたい。

  製造は・・・・・おそらくですが、中国だと思います。

  着色してある為材質は不明、価格も表示はありません。

確かに、何処がどんな商品を出そうが自由で、

私がとやかく言う筋合いの物ではないのですが・・・・・

全ての面(掛け心地、デザイン、耐久性、軽さ、価格)で

他の材質と比較して負けない物をと考えて地道に努力をし、

ウッドフレームの市場性を高めたいと考えている立場からは、

 「お願いだから、中途半端な商品は出さないで下さい!」

   そう言いたいのです。

ウッドフレームとして、その商品価値を貶めるような物が、

市場に出回る事は、非常に悲しい事なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三度目の正直?

 昨年末に納品したインドローズのフレーム

購入者の意見を聞き、小売店さんが図面を書き

それを元に作り納品したのですが・・・・

    一回目

こめかみ部が当たるからもう少し広くして欲しい

    二回目

パット(鼻あて部)をもう少し狭めて、

掛けたときにもっと上に上がるようにして欲しい

    三回目

二回目の直しよりももう少し上がるようにして欲しい

        eyeglass

 ということで、昨日直して発送しました!

小売店さんからは本当に申し訳なさそうに連絡が入るのですが、

   心配しないで下さい、完全オーダーメイドですから

 本当にお客様が納得するまで、

  何度でも出来ることは当然無償で対応しますpunch

 三度目の正直と言いますから、

今回は満足してもらえるでしょうか?

直接は、お会いしたことも話したことも無いのですが、

このお客様は、和太鼓の演奏者だそうです。

 演奏時にフィッティングが悪いと支障がありますから

 こだわるのももっともです。

最終的に満足してもらえたら、

ウッドフレームを掛けて太鼓をたたいている姿

見に行きたいと考えています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やはり黒柿!

  先々週に、北海道旭川・アイウェアショップ北斗様で、

  そして今週、青森八戸・メガネアート八戸様で

  偶然にも同じデザインで

    尚且つ”黒柿”の物をお買い上げいただけました。

 イロイロな木種のものを手がけていますが、

やはり黒柿の持つ高級感は多くの人に魅力を感じてもらえるんだと

      再認識していますup

  club  柿の木の中でごく稀に、

 伐ってみると中に黒い筋がはいっているものがありそれが黒柿と呼ばれます。

 原因は定かではなく、地中のバクテリアだという説も・・・

    希少価値の高い黒柿の中でも特に、

   孔雀が羽を広げたときの模様を呈する物があり、

       ”孔雀杢”と呼ばれていますxmas

   実は今この孔雀杢の物が私の手元にあります

 残念ながら黒柿にはシラタの部分がほうけていたり、

  割れが多く出ている物が多く完全な状態の物が少ないのです。

 私の持っている物も、孔雀杢は素晴らしいのですがシラタに難が・・・・

  でも・・・・駄目もとで挑戦してみようと考えています!punch

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ウッド製ボールペン製作者・・・・

 同じ大野市内で、

各種ウッドを使ってのボールペン製作者がいると聞き

昨日、会いに行ってきました。

 またまた驚いたことに、中学・高校の同級生!

お互いに昔の面影のまま・・・懐かしい

    そのボールペンですが、

 黒柿・ブビンガ・ウォールナット・けやき・紫檀等

   どれも素晴らしい出来!up

  価格も2,000円~と安めの設定になっていました。

       ###

 bell もしご希望の方がいらっしゃいましたら、

近いうち(来週中ぐらい?)に写真をUPしますから見てください!

 誕生プレゼントや各種贈呈品には、

   ネームをレーザー打刻して進呈すれば喜ばれますよ happy01

           pencilpencilpencil

彼も私の作ったウッドフレームや名刺入れを見てとても喜んでくれました。

 お互いに材料の供給や、

販路の確保等で協力し合おうと約束して帰ってきました。

   ウッドの輪が又一つ広がりましたheart04

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ショッキングな事実・・・

 あるお客さんから、

ヨーロッパ製のウッドフレームの修理依頼がありました。

蝶番金具が取れたそうです、もちろん勉強の為に引き受けました。

自分がウッドをするずっと前から、テンプルにウッドを使ったりしていた

 超有名ブランドでその名前を聞けば誰もが知っている筈です・・・・・

 送られてきた商品にまずビックリ!

前枠も6カーブぐらいの深いアールのついたオールウッドで、

テンプルは6箇所ぐらい穴が開いていて、

そこにメタルリングを入れ込んであります。

デザインといい作りといい素晴らしい物です。

ただ、表面は明らかに黒檀の模様が出ているのに

側面や裏面、削った中は単一な黒色だったので、

何か加工はしているなとは感じました。

 正直・・・・ショックでした・・・負けていると思いました。

 接着・ねじ部補強をして、昨日最終仕上げで

    合口部をヤスリがけ・・・・・・

 えっ~~~~~~チョット待てーーーーー

     完全なる樹脂です!

    全くウッドは使われていません!

そういえば刻印も(レーザーではなく刻印です)EBONYの表示はありません。

 ・・・・・・・・・二度目のショックでした。

   ある意味目標にしていたブランドなのに・・・・・・

| | コメント (7) | トラックバック (0)

黒栃?黒桜?

  久しぶりに富山市の”けやき工房”さんを訪ねてきました!

初めて材料の仕入れをさせてもらった所で、

社長さんの人柄が良くて通ってしまいます。

 これといって目的も無かったのですが、

やはりイロイロ見ていると気になる物が・・・・・

 白い木肌の栃・・・・けれどなにやら黒い筋が走っています。

 桜?にしては硬そうな木目・・・・しかもこれも黒い筋が、

柿の中で黒い物を黒柿と呼ぶなら、これは黒栃と黒桜?

社長さんに聞くと首をひねっていましたが、たまに出る物だそうです。

 我慢しきれずにまたまた買ってしまいました!

( 注文も無いのに、

 馬鹿みたいに材料ばかり集めてどうするんだろう!)

あとで写真をUPしておきますから興味のある人はご注文を(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

バッファロー・・・・

 先日、あるお客様より

ウッドもいいけど、

バッファローも作って欲しいとリクエストがありました。

以前、サンプルを依頼されて何枚か作ったことはありますが、

 素材的には   ウッドよりも難しいですdown

 繊維があり粗い所は割れやすく、

 加熱して曲げることはできるのですが、

オーバーヒートさせると劣化します。

 何より接着性が悪い。

それと、これは加工時だけの問題ですが、

独特の嫌な臭いがしますshock

天然といっても植物じゃなく生物ですから・・・・

 どちらかというと鼈甲に近い感覚です。

ウッドとのコンビという選択肢もあるそうなので、

その自然な質感、色目を生かせば

素晴らしいものが出来そうな気はしますが・・・・・

 又、一から勉強ですねup

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「護美箱」!

北海道在住のマイミクさんのブログのテーマです。

大本山永平寺に設置してあるゴミ箱には、

 美しさを守る という意味で 「護美箱」 と書かれているそうです。

又、修行のために長い廊下を掃除する修行僧に対して、

 廊下を磨くことは、心を磨くこと と諭しているそうですsun

 今度、私の前でポイ捨てする車を見つけたら、

 追いかけてこの話を聞かせてやるべし!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

考え方が間違ってます!

 通勤の道・・・

大野市から福井まで約30キロ

私の前を行く、白いリッターカー

小雨模様だというのに・・・窓を全開に 

タバコの煙を外に向かって思いっきり  プハ~ッ!

   しばらくすると

右手を伸ばして、灰をポンポンと・・・・smoking

灰は風に乗って私の車のフロントグラスに!!impact

  何度か行為を繰り返し・・・・

 案のじょうです!

火がついたまま窓からポイッ!!nosmoking

   道路上を転がる吸殻・・・・

 タバコを吸うことは犯罪でも何でもありません。

ただ、自分の車が煙草臭くなるのが嫌!

   灰皿を汚すのが嫌!

 だからといって車外にポイ捨てするのは絶対に オ・カ・シ・イ !!

思わず追いかけて止めてやろうかと思いましたが、

朝から喧嘩するのも気分が悪いので我慢しました。

 お願いだ~止めてくれ~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

俺はデザイナー・・・

 世間はゴールデンウィークと騒いでおりますが・・・・・

もともと、休日も平日も関係ない自営業・・・一年365日営業中!

   本日からは絵描きに変身?

あるお客様から、   紳士用・婦人用各2型  

 新デザインを提案して欲しいと、お話があり

  6日までの4連休の間に仕上げる約束を・・・・・

デザインといっても、昔ながらの手書きです

 ドラフターに向かって、雲形定規を使って実に原始的であります。

でも自分の作るウッドは、

今までも全部、図面をひいてから作っているんですよ!

頭の中を切り替える為に、今日は朝から自分に言い聞かせています。

 「俺はデザイナー、俺はデザイナー」 と(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

観てきたよ!

 映画  観てきました!

 チケット売り場ではハッキリ大きな声で

   「お・っ・ぱ・い・バレー、ください。」と告げましたよ(笑)

 観客に父兄同伴の小学校・低学年の子供たちが多く、

大きな声で「おっぱいや!おっぱい!」と叫ぶのには閉口しましたが・・・

  感想は・・・”まあまあ”という感じですね、

原作に比べると、内容を上っ面だけまとめたのかなという印象です。

 バレーの練習で、技術的な成長の過程や、

  メンバー間の精神的な葛藤が省かれている為

 深いところでの感情移入ができませんでした。

 とはいえ、綾瀬はるかは可愛いし、

 少年たちの純粋に?不純な動機はおもしろく共感でき、

自分の中学時代を思い出したり・・・

 それなりに面白かったです。

 先に映画を見てから、原作を読む事をお奨めします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »