« 帰ってきた一枚! | トップページ | 緑檀? »

ウッドフレーム製作者の嘆き~黒柿篇

 黒柿という材料があります。

柿の木を伐ってみると数千本に一本という確立で、

黒色の縞模様や濃淡が出ている物がありそれが黒柿と呼ばれ、

非常に希少価値が高い物です。

 独立して二年近くになりますが、

やはり”木”を好きな人や”木”に詳しい人には根強い人気があります。

今までに三十本ぐらいはこの材料の物を作ったでしょうか・・・・

 ただその黒い模様の出方が均一では無い為、

削りだし方によりその表情は一本一本が全て違い、

出来上がるまでどんな模様に仕上がるのか判りません。

その中でも自分が、

 !! 一生のうちでこれだけ美しい杢の出る物は二度と出ない!!

と感じる物が出来上がり、

これは絶対売りたくないと思い自分のレンズを入れた事があります。

 しかしある日お客さんから、黒柿のサンプルを見せてくれと言われ

 他に無かった為その一枚を送ったところ、早速オーダーが入りました。

極力似たような部分を探し、

三本ぐらい犠牲を出し近い物に仕上げ送ったのですが・・・

 結果は・・・「最初のサンプルと違う!」 と言うクレームでした。

   泣く泣く自分のレンズを外し、送りました。

  今でも惜しい一本です  (つд⊂)エーン

|

« 帰ってきた一枚! | トップページ | 緑檀? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510858/29316922

この記事へのトラックバック一覧です: ウッドフレーム製作者の嘆き~黒柿篇:

« 帰ってきた一枚! | トップページ | 緑檀? »