« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

”凛”量産態勢!!

Rinn_011_2

”凛”が量産態勢です

テンプルのマアーキングは、

こんなん

Rinn_004_2

凛 manufacturer  tatsuki

そしてケースは、

こんなん

Rinn_001_2

かくれているのは、

そう じょうじ君 あなたの眼鏡だよ。

来週中には納品します。お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FANがいっぱい!

京都に住んでいる、高校の時の同級生が遊びに来てくれました。

お土産は”FAN”017

確かに、以前木を削る時の粉を飛ばすのに

手元にファンを置いておくといいかな、

という話をしたのですが・・・・・

こんなにたくさん・・・・・

015

好意はありがたいのですが、彼は僕に何をさせたいのでしょうか?

気を取り直して2人で食事に・・・・・

もちろん、福井名物ヨーロッパ軒のソースカツ

007

う~~ん

やっぱりうまい!!

満腹になった所で。

お廊下橋!

008

012

福井県庁にできたばかりの、江戸時代に藩主が登城する時に使われた物を

再現したものです。その名も「御廊下橋」

桜が満開になったら、もう1度行こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒柿の1枚

福井もすっかり春めいて、桜の蕾みも膨らみ始めています。

野球大好き人間としては、プロ野球開幕、大リーグ日本開催と、楽しみも多くなりました。

なんといっても、福井ミラクルエレファンツの試合は見に行くつもりです。

今日は、出来上がったばかりの黒柿をみてください。

オーダーメイドで、ここから又グレードアップするので、ベースを覚えて置いてください。

Rinn_013

正面です

Rinn_014

斜め上から

Rinn_015

下から見ると

写真では判りにくいんですが、黒い部分にも複雑な縞目が入っています。

これがどう変化するか、楽しみです。

乞うご期待!

そして、先日から紹介させてもらっている、オリジナルの”ロゴ”ができました。

その名は”””凛””””

Rinn_029

Rinn_030

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々の更新です

先週末からあわただしかったので、久々の更新です。

オリジナルのサンプル、2型めもできました。

ちょっと柔らかめの、レディスでも使えるようにしました。

Oosaka_002

紫檀です

Oosaka_009

新しい材料で、レースウッド

正式名は

ノーザンシルキーオーク

Oosaka_008

ご存知、アオダモです。

そして、前回紹介した3兄弟です。

Naosi_035 リグナムバイタ

タガヤサン

黒柿

そして、今回のシリーズは

””””””凛”””””に決定しました。

よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当に?

あるお客様からの依頼で作っていたフレームが1枚。

本当にこれでいいのだろうか、首をひねりひねり作ったんです。

前枠が  サティーネ

右テンプル  黒檀

左テンプル  柘植     で1枚

こんなん出ましたけど~~~~

Haruyasu_004_2

どうですか?違和感ありますよね。

Haruyasu_001

Haruyasu_003

でも、ズーーっと見ていたら、これはこれでありかな?という気になってきました。

ですが、本当にこれでお客さんは喜んでくれるのでしょうか。

不安です。

とりあえず、今日発送します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

職人魂がムラムラと・・・

昨日の朝、息子が眼鏡を出してきて、

「葵唯にやられたんやけど、直るやろか?

壊れた眼鏡を両手に持ってニコ~~~~~と、笑ってたんやって。」

嫁さんの茜ちゃんの眼鏡ですが、悲惨な状態。

Naosi_002_2 Naosi_003_3

セル手の1枚ゴマが、ポッキリと折れています。

孫の仕業では怒るに怒れない、しょうがないですね。

ここで、職人魂がムラムラと、

よし、ウッドテンプルにしてやろう!

前枠にあわせると、パープルハートかな

         3

         2

         1

こんなんなりました!

Naosi_006

Naosi_008

見たか!眼鏡職人に不可能はないのだ!!!!!

でも、葵唯ちゃんもう壊さないでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリジナルのサンプル

製作中のオリジナル型、一型めが出来ました。

まずは、黒柿です。

Orizinaru_010

Orizinaru_012

Orizinaru_011

Orizinaru_007

どうですか、モデルは別にして

素敵でしょ。

タガヤサン(鉄刀木)はこれ

Orizinaru_015

Orizinaru_017

そして、とどめはリグナムバイタ!

Orizinaru_021

Orizinaru_023

今週中には2型目も上がる予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六呂師高原は春

昨日、大野市の六呂師高原へ行ってきました。

日本一星がきれいに見える場所として有名なんです。

スキー場は、残雪状態です。

004

もうすっかり春です。

大好きな温泉施設”ウララ館”でリフレッシュ!

003

春の日差しの下

、露天風呂が最高でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまた悪い癖が・・・・・・

なかなか取り掛かれなかった、

オリジナルの型のサンプル作りに入りました。

何枚か在庫を置いて、割安で出せる様にしていきたいと思っています。

早速、今回仕入れした”黒柿”でかかったのですが、

これが凄いんです。

まだ途中なのですが、

またまた悪い癖が出て、完成しても他人に渡したくない気分です。

チラリとお見せしましょう。

Kurogaki_006

Kurogaki_011

Kurogaki_009

Kurogaki_013 さて、どんな物が出来上がるか、

お楽しみに。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

”杢(もく)”とは・・・・

木材の不思議な現象の1つに”杢(もく)”というものが有ります。

どうしてなるのか定かではありませんが、

急斜面に育った物に多いと聞きます。

部分的に縮みが出て面白い模様が出るため、

同じ木であれば、杢の出ている物の方が、高価で喜ばれます。

木も人間と同じで、厳しい環境で育った方がいいのかましれません。

今回、お客様の要望は”バイオリン”を作る材料でフレームを、ということでした。

色々調べて、最終的に”ハードメープル”に決め、尚且つ杢のある物を使いました。

木目は弱く、色も薄黄色ですが、仕上げてみると面白い物ができました。

見てください

Hardmapul_007

Hardmapul_009

同じに作った”紫檀”と比較すると

Hardmapul_017

作ってみないと分からないのですが、

やはり、思っても見ないものが出来上がるのが、

この仕事の醍醐味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドジ・・・・・・

やってしまいました。

今朝会社に着いて、車を降りてキーホルダーを見ると・・・・・

会社の鍵が無い!!!!

車の中、車の周り、どこを探しても無い。

やむなく50分かけてUターン、

自宅を探しても・・・・・・・・無い!

完全に紛失してしまったみたいです。

泣きながら、再度Uターン。

隣の大家さんが出勤するのを待ち、

事情を説明し合鍵をもらいました。

なんというドジ!

皆様もご用心・・・・・・・・・

Nisiyamakunn_002_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京から~

昨日、東京からお客さんでした。

冬休み中の、カムロ”立川店”西山さんです。

先日私が立川店へお邪魔した時に、「行きます。」と言っていたのが、

早速来てくれました。

非常に興味津々で、色々な質問を受け、

最後には自分で木を削ってしまう勢いでした。

Nisiyamakunn_001

西山さんと一緒に来られた、謎の人物。

変わったパーカーを着ていました。

Nisiyamakunn_002 良く見ると、

スペック・エスパス??

Nisiyamakunn_003

オプト・デュオのデザイナー

毛利さんでした。

2人とも有難うございました。

西山さん、次は是非

”自分用”のウッドフレームを作りにきてくださいね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

拉致?

日曜、大飯町の帰り”千鳥苑"で一休み。

Kurogaki310_066 のどかな春

美しい海の景色です

が、

ふりかえると

Kurogaki310_069

そうです、こんな美しい海岸で何人もの人間が

拉致されて、連れ去られたんだという事を思い出しました。

ものすごく違和感をおぼえる看板でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

球春到来!!

昨日は絶好の青空の下、大飯町の総合運動場へ行ってきました。

目的は、今年福井に誕生した、

BCL”ミラクルエレファンツ”

そうです。プロ野球チームのキャンプを見てきました。

Kurogaki310_032 フリーバッティング

なかなか鋭い打球が飛んでいましたよ。

Kurogaki310_027

ブルペンです

福井出身の長谷川佑太君

なかなか早い球

さすがです。

紅白戦では、Kurogaki310_051

ジンバブエ出身の

シェパード君

コンパクトな打撃です。

Kurogaki310_052 埼玉県出身やす君

165センチ80キロ

豆タンクですが、元気いっぱい。

ファンクラブの申し込みをして、今年は地元のチームを応援しますよ!!!

因みに、エレファント(象)の意味は、福井県の地図が、

鼻を伸ばした象の顔にみえるからだそうです。

最後に可愛いチームの移動用バスです。

Kurogaki310_036

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒柿だけじゃないぞ!

素晴らしい材料は黒柿だけではありません。

もうここまでくると、仕事をとおりこして収集マニアの域に入っている感じですね。

でも、これで眼鏡を作ったらと考えると・・・・・・

どおしても我慢できません。

レースウッドです。

Kurogaki36_003

Kurogaki36_005

なんとも、摩訶不思議な模様が出ています。

そして、次は  タガヤサン(鉄刀木)です。

Kurogaki36_006

Kurogaki36_008

この木の側面を見ると、こんなんです。

Kurogaki36_011

もうキリがないので、このへんで。

どんな眼鏡が出来上がるかお楽しみに・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒柿が来た!!

日曜に買い付けた材料を、富山から西村さんが運んできてくれました。

今回の黒柿は、厚かったので半分に製材して貰っていたのです。

通常、黒柿と言うと黒い所が脆かったり、逆に白い所がスカスカだったりするのですが、

今回の物は素晴らしいです。

木目は緻密で、白と黒のコントラストも実にきれいです。

これでどんな物ができるのか、夢が膨らみます。

何時間見ていても、飽きないです。

それでは、じっくり見てください。

Kurogaki36_005

Kurogaki36_008

Kurogaki36_001 そして、もちろん自然のアートは

工房の壁に飾りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瀬名高原スキー場は快晴でした。

日曜に行った瀬名は、福井、石川では1番好きなスキー場です。

ゴンドラで山頂まで上ると、手取湖が真下に見えます。

Keyakikoubou33_028

ゴンドラから下を見ると、こんな感じ。

Keyakikoubou33_038_2

山頂からは、コースが4本に分かれており、

それぞれが特徴を持った面白いコースになっています。

1番のお気に入りは、ドキドキコース

Keyakikoubou33_030 寝転んで一休みです。

山頂から下までは、3.8キロのロングコースで

これをノンストップで降りるのもまた楽しいんです。

とにかく、この日は最高でした。

いつかは、北海道のパウダースノーを滑ってみたいもんです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衝撃の黒柿!

昨日の日曜は、久々に富山の”けやき工房"さんへ行ってきました。

目的は、黒柿の仕入れです。

良く晴れて、立山連峰がきれいでした。

新しい我が愛車”デュアリス”は快調で、全く距離を感じさせない安定した走りでした。

けやき工房では、あらかじめ社長が私用に準備してくれていて、

またまた今回も何点か、素晴らしい材料たちを見つけてしまいました。

Keyakikoubou33_019 Keyakikoubou33_018

これがけやき工房さん

の外観と中

Keyakikoubou33_013 Keyakikoubou33_012_2

左、タガヤサン

右、黒柿

  レースウッド

  黒柿

素敵な材料を見つけると、これを削りだす瞬間を想像してワクワクしてきます。

そしてどうしても、予定外の物も我慢できずに買ってしまいます。

こんな調子では、在庫の種類がとめどなく増え続けて、

そのうち管理しきれなくなりそうで、非常に不安です。

今回も、納得のいく素晴らしい仕入れができました。

おまけに、何点かをただにしてくれました。

「遠い所からきたんだで、持って行きいよ。」と 西村社長。

毎回、毎回、本当に有難うございます。

今回は、別のおまけが・・・・・衝撃の黒柿です。

           |

           |

           |

それが   これだ!

            |

            |

            |

Keyakikoubou33_022_2 自然が作り出した芸術!

まるで花びらを描いたような模様です。

黒柿です。

神の意思が働いている様な気さえ

して大感動です。

眼鏡にする事はできませんが、思わず買ってしまいました。

この後、同じ富山市の繁華街にある小売屋さんへ行きました。

ウッドフレームを見て、感動してもらいましたが、

すごいのは、私ではなく、”木”がすごいのですよ。

おまちがえなく。

帰りは、石川の裏回りで、セナスキー場へ

晴天の下、思いっきり滑ってきました~~~~~~~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一枚の年賀状

昨日、工房の中を撮影していて気づいたのですが、

壁に飾られた一枚の年賀状。

200831_011_2

上の方の物ですが、

実は昨年9月頃に作った

ウッドフレームの写真なのです。

田中眼鏡本舗さんから、一枚のセル枠を渡されて、

「これをズバリ木で作ってみてよ。」ということでした。

それまで、そんな立体的な構造の物は経験が無く、

「うーーーーーーん。」とうなるのみでした。

できそうもないかな、作り方の想像がつかないな、という思いが強かったのですが、

ただ、やってみようか、おもしろそうだな。という気持ちもわいてきました。

そこで「いつになるかわからないけど、挑戦してみます。」と返事をしました。

実際、手こずりました。

前枠を3枚失敗し、丸々1週間掛けて遂にできました。

やればできる。不可能な事は無い。と実感しました。

それを渡したときの、田中さんの驚きの顔「スッゲー~~~~~~~。」

と叫んでいました。

その顔で、苦労は吹き飛びました。

もう2度とこんな物は作らんぞ。という思いは

又あの感動した顔がみたい。に変わりました。

あれから4ヶ月、どのお客さんも普通に立体的な物を求めてきますが、

田中さんが求めてくれなければ、

今でも平面的なものだけを作っていたと思います。

田中さんには、感謝、感謝です。

年初に、年賀状のお礼を言うと、

サラリと「わかりましたか、3000枚配りました。」

こんどは、私が「スッゲー~~~~~~~。」です

ウッドフレームに対する田中さんの熱い思いに、私の胸も熱くなりました。

益々努力して、何時までもお客さんを驚かせるような物を作ってゆかねばと、

あらためて感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »